消費者金融の審査と在籍確認

在籍確認

 

カードローンの審査では必ず在籍確認が必要となります。在籍確認が取れなければ融資を受けることはできません。

 

在籍確認は申告勤務先で本当に働いているか確認するために、電話で行われることがほとんどです。電話に出る相手は、本人以外の第三者でも問題ありません。

 

消費者金融の在籍確認は個人名、銀行カードローンの場合は、銀行名または個人名どちらかでかかってきます。

 

在籍確認は、ほとんど融資が決まっている状況で行われます。在籍確認までくれば融資は間違いないと思っていいでしょう。

 

在籍確認で怪しまれない方法はあるのか?

 

消費者金融が個人名でかけるのは、会社名でカードローン関係の電話だとバレないようにするためです。銀行の場合は、銀行名だけでカードローンだとバレることはありません。

 

基本的に在籍確認でバレることはありませんが、絶対バレない方法は自分で電話に出ることです。

 

ドライバーや現場仕事で会社にいない人は、給与明細や社会保険証で在籍確認の代わりにしてもらえるように頼んでみましょう。

 

また在籍確認の電話があることをあらかじめ言っておけば問題ありません。クレジットカードの在籍確認であると言っておくことで怪しまれたりすることもないでしょう。

 

在籍確認で怪しまれない方法!
  • 時間指定をして自分で電話に出る
  • あらかじめ会社の人に電話があることを言っておく
  • 給与明細や保険証で在籍確認にする

 

専業主婦(夫)の在籍確認はどうなるのか?

 

銀行カードローンでは専業主婦(夫)でも借入することができます。専業主婦(夫)は働いていないため、在籍確認はすることができません。配偶者の勤務先へ在籍確認をすることもありません。

 

固定電話があれば、在籍確認ではなく居住確認が行われます。

 

居住確認とは申告住所に住んでいるかの確認をすることです。電話に出るのは、本人でも家族どちらでも問題ありません。

 

申込条件に専業主婦(夫)は固定電話必須となっていないため、固定電話が無くても申込することはできます。固定電話が無い場合は、在籍確認も居住確認もありません。

 

個人事業主(自営業者)の在籍確認は?

 

個人事業主の中には、自宅や事務所に固定電話がなく、携帯のみということもあります。

 

携帯のみでは申込できないこともありますが、多くのカードローンでは、申込は可能で審査に通ることもできますが、大きな金額は難しくなるのでしょう。

 

それは連絡先が携帯のみという理由だけではなく、個人事業主はあまり信用が高くないからです。

 

個人事業主は会社員と比較すると、収入が不安定と判断されてしまい、審査が厳しくなります。

 

個人事業主で携帯しかない場合は、仕事を証明する書類等が必要になることもあります。

 

在籍確認の電話がないカードローンもある?

 

消費者金融モビットのweb完結なら電話連絡なしで審査をすすめることができます。

 

電話連絡がないだけではなく、郵送物もなしで利用できるため、バレる可能性が低いです。

 

SMBCモビットのweb完結申込の特徴
  • 電話連絡一切なし
  • 郵送物一切なし
  • 三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行の口座が必要(振込貸付+口座振替に利用)

 

在籍確認が困るなら消費者金融?

 

プロミスやアコム、アイフルといった消費者金融でもHPに書いてはいませんが、給与明細書+保険証でOKとなることもあるようです。

 

ネットから申込をして直接業者へ連絡をするか、先方から連絡があった時に、在籍確認のことは伝えましょう。審査結果によっては電話確認が必要となることはあります。

 

銀行カードローンは消費者金融と違い、電話確認のみというところが多くなっているようです。

 

プロミス

実質年率 4.0%~14.5%
限度額 500万円
無利息サービス

 

モビット

実質年率 3.0%~18.0%
限度額 800万円
無利息サービス ×