消費者金融は即日融資可能だから選ばれる

消費者金融

以前と比べれば低くなっていますが、消費者金融の上限金利は18.0%と高くなっています。

 

金利を比較すると、銀行やろうきん(労働金庫)カードローンの方が低金利でお金を借りることができます。

 

しかしながら、お金が必要な人は銀行カードローン等ではなく、消費者金融を選択することがあります。

 

個人がお金を借りるなら消費者金融というイメージもありますが、銀行カードローンの方が貸付残高は大きなっています。

 

銀行カードローンより消費者金融でお金を借りようと考える利用は以下の2つが挙げられます。

消費者金融を選ぶ理由

  • 融資までの時間が短い
  • 審査に通りやすいと考えられている

 

なぜ消費者金融の金利は高いのか?

 

そもそも消費者金融の金利は、決して高くありません。正規の消費者金融は、利息制限法内でお金を貸してるので高いというわけではないです。

 

アコム等大手消費者金融は、10万円未満でも20.0%ではなく18.0%でお金を貸しています。

 

結論を言うと、消費者金融の金利が高いのではなく、銀行等のカードローンの金利が低いということです。

 

金利が高いというの利息制限法を超えて貸してる、闇金のような違法業者のことを指すでしょう。

 

あまり属性が良くない、多少リスクのある人にお金を貸すために、高くしていると言えます。

 

利息制限法の上限

●元金10万円未満:年20.0%
●元金10万円~100万円未満:年18.0%
●元金100万円以上:年15.0%

 

消費者金融はすぐにお金を借りることができる

 

申込時間や状況によってかわってきますが、消費者金融からお金を借りるのに1日もかかりません。

 

審査時間は最短30分と短く、融資までは最短1時間となっています。

 

借入方法はスマホアプリを使ってセブン銀行ATMから借りることができたり、特定の銀行の預金口座が必要ですが、振込融資が15時以降になっても、当日振込されるサービスがあります。

 

スマホアプリを利用できるのはプロミスとモビットのみ(2018/1末現在)となっています。

 

ちなみに銀行カードローンの審査は、最短1日以上かかるため、急いでいる人は消費者金融を選択してしまいます。今日必ず必要ではないがと言う人でも審査結果が当日わかる消費者金融を選択することもあるでしょう。

 

すぐにお金が借りれる理由

  • 審査時間が最短30分
  • スマホで借入返済ができる
  • 振込融資の対応時間が長い
  • 自動契約機が設置してある

 

消費者金融は審査に通りやすいのか?

 

消費者金融が審査に通りやすいということはありません。消費者金融と銀行は審査で確認する内容は一緒です。

 

まずは安定した収入があるかは必ずチェックされます。無職で収入がなければお金を借りることはできません。専業主婦が借りれるのは、一部に中小消費者金融と銀行カードローンです。

 

そして現在の借入金額、過去~現在の金融取引情報がわかる信用情報をチェックします。ここで他社返済が遅れていたり、借入額が多かったり、過去に債務整理等をしていたら審査に通ることは難しくなります。

 

そして消費者金融からは、年収(税込)×1/3までしか借りれないと法律で決まっています。銀行カードローンは各行によってばらつきがありますが、年収×1/2or1/3までにとしているところが多いです。ただ法律で規制されているわけではありません。

 

銀行カードローンは法律で規制されておらず、年収の1/3以上でも貸すことはできるため、消費者金融より借りやすいと言えるかもしれません。

 

大手消費者金融と銀行カードローンを比較すると、銀行の方が多少厳しいですが、大きな違いがあるとは言えません。ただ中小の消費者金融の中には、独自の審査基準があるため、自己破産して数年で借りれることがあるのは事実です。

 

カードローン審査のポイント

  • 毎月安定した収入がある
  • 信用情報に問題がない
  • 申込額に応じた年収がある