銀行カードローンの自主規制によって年収3分の1オーバーは借りれない?

2016年9月に日弁連の「銀行等による過剰貸付の防止を求める意見書」の提出をきっかけに、2017年4月から銀行カードローンは自主規制を行っています。

 

メガバンクや一部銀行カードローンは、貸付額を年収の1/2または1/3以内、50万を超える借入時は収入証明書が必要となりました。

 

以前多重債務が問題となり2010年6月に貸金業法が改正され総量規制が導入されました。

 

総量規制により消費者金融等の貸金業者は、年収の1/3までの貸付、1社から50万円または貸金総額100万円を超える時は収入証明書の取得が義務付けられました。

 

しかし銀行カードローンは対象外のため、貸付する金額に規制はありません。そのため銀行が過剰貸付を行い、破産者が増加したと言われています。

 

1つの銀行から、年収356万円の人に433万円、年収220万円の人に500万円を貸付したという事例があります。

 

日弁連からは銀行カードローンも消費者金融と同じく総量規制を導入するべきという意見が提出されています。

 

日弁連の銀行等による過剰貸付の防止を求める意見書のポイント

  • 銀行カードローンにも総量規制を導入するべき
  • 消費者金融の貸付は減少したが銀行カードローンは増加
  • アンケート調査の実例を挙げて銀行の過剰貸付を指摘
  • 自己破産における債権者の属性で保証会社が増加

 

なぜ年収以上の借入ができてしまうのか?

 

年収以上の貸付を行うことは確かに過剰貸付と言えます。ただなぜ年収以上の借入をすることになったのかという疑問が出てきます。

 

その原因の一つとして考えられるのがおまとめローンです。おまとめローンとは複数の借入を1つにまとめて金利を低くするものです。

 

例えば、年収300万円の人が、消費者金融からの総額100万円の借入を銀行カードローンでまとめたとします。

 

銀行カードローンでまとめて完済することにより借入金額は変わりませんが、消費者金融(貸金業者)からの借入は0円となり、再度年収の1/3(100万円)まで借入することができます。

 

そこで消費者金融から100万円を借りてしまうと、借入総額は200万円となります。200万円を別の銀行カードローンでまとめると、また消費者金融から年収の1/3まで借入することができます。

 

そして消費者金融から100万円を借りると、総額は300万円となり年収と同じになります。これを繰り返すことにより、年収以上の借入となるのです。

 

おまとめローンは利用次第では便利ですが、上記のように借金が増える原因となることもあります。

 

銀行カードローンの自主規制の内容は?

 

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンは、収入証明書不要で300万円まで借入できましたが、自主規制により50万円を超える申込をした場合に必要となります。

 

はっきりはしませんが貸付する金額の上限を年収の1/2または1/3までとなっています。。

 

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは、限度額は年収の1/2→1/3までに引き下げました。そして収入証明書は50万円超で必要となりました。

 

三菱東京UFJ銀行カードローン

三菱東京UFJ銀行カードローンは、収入証明書が必要となる金額を200万円超から50万円超へ引き下げを行いました。

 

そして三井住友銀行カードローンと同じく貸付できる金額の上限を年収の1/3まはたは1/2以下にのいずれかに引き下げました。

 

それぞれの銀行によって自主規制の対応は違っています。現在は銀行で50万円超の借入時は収入証明書が必要となっています。

 

大手銀行カードローンだけでなく、ネット銀行や地方銀行でも同様の対応をしています。

 

銀行カードローンは即日融資が受けられない?

 

銀行カードローンの審査が2018年1月から即日融資を受けられなくなっています。

 

銀行カードローンは審査時に、申込者の情報を警察庁に照会して、暴力団等の反社会勢力への貸付を防止しています。

 

照会結果が出るのに最低1日はかかるため、銀行カードローンでの即日融資が受けられません。例えばローン契約機へ行っても、その場で審査結果が出ないため、2回行かなくてはいけません。

 

そして、すぐにでも借入したい人は、消費者金融へ申込する必要があり、既に年収の1/3まで借入がある人は、即日融資が受けられません。