消費者金融の審査に落ちたら確認!

審査落ち

 

消費者金融はカードローンの中では金利が高く比較的審査に通りやすいと言われています。

 

ただ消費者金融でも100%審査に通ることはなく、何らかの理由で落ちることもあります。そして落ちた理由を知りたくても、審査基準を満たさない等の理由で教えてくれることは在りません。

 

落ちた原因がわからないまま、他消費者金融に申し込みをしても、同じように審査に落ちる可能性は高いと言えます。

 

そしてやみくもに申し込みを続けると申し込みブラックとなりより一層審査に通りにくくなります。

 

そこでこのぺージでは消費者金融の審査に落ちる理由として考えられること、そして落ちた時に確認すべきことについて説明します。

消費者金融の審査に落ちたら

  • 他社の返済状況を確認
  • 安定した収入か確認
  • 年収1/3を超えていないか確認
  • 信用情報を確認

他社の返済遅れ(忘れ)を確認!返済日当日だと審査落ちすることがある?

 

既に借入がある人は、他社の返済が遅れていたり、忘れていたりすると審査にはほぼ通りません。

 

中小消費者金融の中には、他社返済のためにお金を借りたいと正直言えば借りれるという噂はありますが、大手を中心にそのようなことはほとんどありません。

 

後で説明しますが返済状況は信用情報によってわかります。信用情報は返済を行えば随時更新されますが、入金したからといってすぐに更新されるとは限らないため、少し(入金の翌日くらい)待ってから申込をしましょう。

 

そして他社の返済日当日に申込をしても審査に通りにくいです。これは返済のための借入(お金がない)と疑ってしまうためです。

 

この場合も審査に落ちるか、もしくは入金確認がとれるまで保留となる可能性があります。他社返済は全て終わらせてから申込するようにしましょう。

 

収入を確認!毎月安定してあるか?

 

消費者金融や銀行などを含めカードローンの申込条件として安定した収入が求められます。

 

安定しているとは具体的に最低月1回収入があることになります。例外的に年金も安定していると言えますが、年金のみで借入はできないことがほとんどです。

 

そして完全歩合や歩合給の割合が多い時は、収入は不安定と判断されることがあります。例えば不動産や保険の営業やタクシーの運転手などが該当します。

 

つまりそのような職業よりも収入が少ない、固定給の人の方が審査には通りやすいと言えるのです。

 

また、安定しているかを審査するためには、会社規模、雇用形態、勤続年数、職種等を総合的に判断します。

 

総量規制を確認!年収の3分の1超は借りれない?

 

消費者金融の審査基準はそれぞれ違っていますが、全ての消費者金融が守らなければいけないのが年収(税込)の3分の1を超えて貸してはいけないという法律です。

 

例えば年収450万円であれば借りれる金額の上限は150万円となります。つまり年収は少なくてもお金を借りることはできますが、大きな金額は借りれません。

 

つまり申込後にその金額を超えてしまえば審査には絶対通らず、ぎりぎりで申込をしても審査には通りにくくなるでしょう。

 

申し込み希望金額はあると思いますが、審査に通るためにはできる限り最小限の申し込みにしたほうが審査には通りやすいでしょう。

 

ちなみに虚偽の年収を申告をして多くお金を借りようとしても、1社から50万円または総額100万円を超える借入の時には収入証明書が必要です。

 

残高が把握できていない人は、HPや直接電話をすれば確認することができるため、申込前に自身の年収と合わせて申込をしましょう。

 

信用情報を確認!異動情報は消えている?

 

先ほども説明しましたが、他社での返済状況や借入額、基本情報(氏名や住所等)、申し込み状況を調べることができます。

 

信用情報により返済状況、借入総額を確認します。信用情報は審査の7割~8割を占めるといっても過言ではありません。

 

例えば、過去に返済困難になり債務整理(自己破産や任意整理、特定調停)をして借金が0円になったとして5年~10年間、その情報(異動情報)は信用情報に残ります。

 

大手の消費者金融の場合は、異動情報があれば審査に通ることはできません。中小消費者金融では現在の状況に審査の重点をおいて異動情報があっても借りれるところもあるようです。

 

JICC(日本信用情報機構)、CIC、KSC(全国銀行個人信用情センター)へ開示請求すれば、異動情報があるかを調べることができます。