三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)

利用できる人 ・満20歳以上65歳未満
・安定した収入がある
・保証会社(アコム)の保証を受けられる
金利 実質年率1.8%~14.6%
限度額 10万円~500万円
口座解説 不要
即日審査 ×

 

三菱UFJ銀行カードローンの下限金利は1.8%と低くなっていますが、上限金利は14.6%となっており標準的な設定です。消費者金融と比すれば低金利になるため借り換え審査に通れば金利を下げることができます。

 

三菱UFJ銀行カードローンのメリットは、口座開設をしなくても利用できます。口座開設が必要な銀行カードローンへ申し込むと時間がかかることがありますが、三井UFJ銀行はスムーズに借入まで行えます。

 

スムーズに借入できますが、即日審査~融資に対応はしていません。審査結果が最短でも翌日以降になるため、今日中に借りたいという人にはおすすめできません。融資まで早くて2~3営業日が必要です。

 

三菱UFJ銀行に口座を持っていれば、申込入力する項目が減らせたり、WEB完結を利用できるなどのメリットがあります。

 

三菱UFJ銀行カードローンの金利は限度額によって決まる!低金利なら高限度額が必要

限度額 借入利率
500万円以下400万円超 年1.8%~年6.1%
400万円以下300万円超 年6.1%~年7.6%
300万円以下200万円超 年7.6%~年10.6%
200万円以下100万円超 年10.6%~年13.6%
100万円以下 年13.6%~年14.6%

 

三菱UFJ銀行カードローンで低金利で借りるには、高い限度額にしなくては借りれません。

 

ただ審査は厳しく、初めての利用は上限金利(14.6%)が適用される(限度額100万円以下)ことが多いです。

 

取引をしていけば、限度額を大きくする方法として、増額があります。最低でも半年以上の取引は必要と考えられ、返済や借入状況が良くないといけません。

 

増額審査では、返済状況(他社も含め)や借入金額の増減、収入の増減など+信用情報で行なわれ、必ず審査に通るとは限りません。。

増額に通るポイント

  • 毎月の返済額を多めにする
  • 他社借入額を減らしておく
  • 年収を増やす

三菱UFJ銀行カードローンの返済額は高い?低い?

利率8.1%超の場合

借入残高 最小返済額
10万円以下 2,000円
10万円超20万円以下 4,000円
20万円超30万円以下 6,000円
30万円超40万円以下 8,000円
40万円超50万円以下 10,000円
50万円超 借入残高10万円増すごとに2,000円増

.

利率8.1%以下の場合

借入残高 最小返済額
10万円以下 1,000円
10万円超20万円以下 2,000円
20万円超30万円以下 3,000円
30万円超40万円以下 4,000円
40万円超50万円以下 5,000円
50万円超 借入残高10万円増すごとに1,000円増

 

毎月の返済額は適用されている金利によって変わってきます。

 

8.1%超、以下どちらの場合も返済額は低いと言えます。返済額が低いことはメリットだけではありません。

 

返済額が低いと、借金がなかなか減っていきません。消費者金融は三菱UFJ銀行カードローンより金利は高いですが、返済額によって消費者金融の方が早く完済となります。

 

つまり毎月の最小返済額だけではなく+αの返済を心がけましょう。

 

三菱UFJ銀行カードローンの借入方法は?

 

  • ATM
  • 振込

 

三菱UFJ銀行カードローンの借入方法は振込とATMのどちらかになります。ちなみに振込融資は1万円単位、ATMは1千円単位での借入となります。

 

振込で融資には、三菱UFJ銀行の本人名義口座が必要となり、平日14時までに手続きをしないと翌日以降の振込になります。

 

確実に当日融資を受けるには、テレビ窓口(自動契約機)へ来店してカードを受け取ればATMから借りれます。自行ATMやセブン銀行などのコンビニATMは無料で利用できます。

 

三菱UFJ銀行カードローンの利用がバレることはある?

 

カードローンの利用がバレる理由として一番多いのが、郵送物です。本人宛の郵送物を家族が見てしまいバレることがあります。

 

説明済ですが、三菱UFJ銀行カードローンはテレビ窓口へ来店すれば、その場で契約もできるため、郵送物を無くすことができます。

 

三菱UFJに口座があればWEB完結(WEB上で契約するため契約書が郵送されない)が利用できますが、カードや利用規約などの書類が郵送されます。

 

郵送物以外にも勤務先への在籍確認の電話でバレる可能性があります。

 

三菱UFJ銀行カードローンの審査でも在籍確認は行われますが、個人名か銀行名でかかってきて、カードローンの利用がバレる心配はしなくても大丈夫でしょう。

 

銀行カードローンの保証会社とは?三菱UFJ銀行カードローンはアコムが審査?

 

銀行カードローンを利用するには保証会社を付ける必要があります。保証会社は、債務者(お金を借りた人)が返済できなくなった場合などに、債務者に代わって銀行に全額返済(代位弁済)をしなくてはいけません(その後保証会社が回収)。

 

保証料が銀行から保証会社に支払われますが、銀行審査して誰にでも融資をすれば、代位弁済しなくてはいけない金額が増えるため、主に保証会社が銀行カードローンの審査を行っています。

 

三菱UFJ銀行カードローンの保証会社はアコムとなっており、主にアコムが審査を行っています。審査基準は消費者金融のアコムより厳しくなっています。

 

保証会社がアコムであるため、過去にアコムで取引があって、債務整理などを行っていれば、三菱UFJ銀行カードローンの審査を通ることは難しくなります。

 

三菱UFJ銀行カードローンで高限度額で借りるには高年収が必要?

 

消費者金融から借りれる金額の上限は総量規制によって、年収(税込)×1/3までと決まっています。法律で決められているため、違反すると罰則があります。

 

銀行カードローンはは対象外であるため、年収によって借りれる金額に制限はありません。

 

ただ銀行カードローンは総量規制の対象外であることにより、年収以上の貸付を行っていました。これが過剰貸付だと社会問題となった銀行が自主規制を行っています。

 

三菱UFJ銀行カードローンから借りれる金額の上限は、年収の1/2または1/3までとなっています。

 

これは三菱UFJ銀行カードローンだけではなく、その他の大手銀行・ネット銀行・地方銀行の多くで行われています。

 

現在借入が年収1/3近くまである人は、三菱UFJ銀行カードローンの審査に通るのは難しいかもしれません。