専業主婦(夫)と消費者金融の審査

専業主婦

 

専業主婦は収入はありませんが、お金を借りることはできます。ただカードローンの中には専業主婦への貸付は行っていないところもあります。

 

専業主婦ではなく、パートとして働いてるということであれば、申込することはできます。

 

消費者金融からはバレずに借りれない?

 

消費者金融は安定した収入がない人には融資はできません。ただ専業主婦に関しては、配偶者年収の1/3までなら例外的に融資することができます。

 

消費者金融から借りる時には、配偶者の同意が必要となります。口頭ではなく、同意書へサインが必要です。つまり身内にバレずに借りることはできません。

 

そのような貸付は配偶者貸付と呼ばれます。配偶者貸付をした場合は、申込者だけではなく、配偶者の信用情報にも登録されます。

 

配偶者の同意も必要となるのが理由かわかりませんが、大手消費者金融(アコム、プロミス、モビット等)では借りることができません。

 

専業主婦が借りれるのは、中小の消費者金融が中心となります。

 

配偶者貸付で必要な書類

●配偶者の同意書
●婚姻関係がわかる書類(戸籍や住民票等)
●配偶者の収入証明書(申込金額によっては不要)

専業主婦は銀行カードローン

 

銀行カードローンは全てではありませんが、専業主婦へ貸付を行っているところがあります。

 

消費者金融と違い、銀行カードローンは配偶者の同意は必要ありません。そのため、配偶者にバレずにお金を借りることができます。

 

そして銀行によっては、専業主婦の貸付できる金額に上限を設けています(30万円~50万円)。

 

契約書類が送られてきますが、自宅におられることの方が多いと思いますので、そこまで問題ではないでしょう。

 

専業主婦(夫)が借りれる上限

銀行 上限金額
楽天銀行 50万円
イオン銀行 50万円
三菱東京UFJ銀行 30万円

 

銀行カードローンは配偶者へバレる危険性はあるのか?

 

銀行カードローンは同意書の提出は不要ですが、それ以外にバレてしまうのが「配偶者の在籍確認」「配偶者の収入証明書を用意」があります。

 

配偶者の勤務先へ電話をされるとバレる危険性は一気に上がります。配偶者が営業やドライバーで会社にいなければいいですが、事務職として働いていれば、配偶者が直接電話に出る可能性があります。

 

配偶者の収入証明書が必要となった場合、保管してあればいいですが、なければ配偶者にお願いして用意して貰うか、諦めるしかありません。急に収入証明書が必要と言われても怪しまれてしまいます。

 

銀行カードローンは50万円超の申込で収入証明書が必要となることが多いため、申込金額には注意しましょう。ただ50万円以下でも必要となることはあります。

 

配偶者の借金が審査に影響する?

 

配偶者に借金があると、それが原因で審査に通らないと考えるかもしれません。

 

カードローン等からの借金がいくらあるかは、信用情報を確認しないとわかりません。そして信用情報を確認するためには、本人の承諾が必要となり勝手に確認することは禁止されています。

 

つまり専業主婦が申込をしても、配偶者の借金等はわかりません。配偶者の借入は審査に影響することはありません。

 

ただ申込をしたカードローンから配偶者がお金を借りていれば審査に影響はするでしょう。返済が遅れていれば、審査に通るの厳しいでしょう。できれば配偶者が利用していないカードローンへ申込をするようにしましょう。

 

専業主婦でも負担がない返済金額か?

 

専業主婦は自らの収入ではないため、自由に使えるお金は少ないでしょう。ましてや生活費の補てんで申込をした場合に、毎月のお金に余裕があるとは考えられません。

 

そんな状況で、返済額が高いと継続して返済することができなくなるため、毎月の返済額は気になるポイントだと思います。

 

残高 イオン銀行カードローン 楽天銀行カードローン
10万円 3,000円 2,000円
20万円 5,000円 5,000円
30万円 5,000円 5,000円
40万円 5,000円 10,000円
50万円 10,000円 10,000円

 

返済額は2,000円から低い設定になっています。この金額であれば、無理なく返済をしていけるのではないでしょうか。

 

ただ50万円借りると1万円と高くなってきます。毎月の負担にならない範囲での借入にしましょう。