派遣社員でも消費者金融から借りれる!

派遣社員はカードローンの審査に通りにくいと勘違いしている人がいるかもしれません。

 

審査で大切になるのは、安定した収入があるかどうかです。安定した収入があれば雇用形態に関係なく審査に通ることはできます。

 

そして審査では収入に見合った希望額なのか確認されます。消費者金融は年収(税込)の1/3までしか借りれません。

 

正社員と比較して収入が低いため、派遣社員は審査に通りにくいと考えられるのかもしれません。

 

年収の1/3ぎりぎりまで申込することは控え、申込金額は低く最低限にしましょう。

 

派遣社員の審査ポイント

審査ポイント
  • 勤続年数は長い方が有利
  • 保険証は社会保険証が有利
  • 在籍確認が問題になることがある

勤続年数が長く社会保険なら審査に有利

 

派遣社員の中には、社会保険や組合保険ではなく、国民健康保険の人もいるかもしれません。

 

今保険の種類によって審査は有利になったり、不利なったりすることがあります。

 

社会保険や組合保険だと、長い期間フルタイムで働いていること判断されるため、安定した収入があると判断されます。

 

一方国民健康保険は、勤務日数や勤務時間が少ないことがあるため、不利になることがあります。

 

長期間フルタイムで働いているのに、国民健康保険と言う人は、一度会社に問い合わせした方がいいでしょう。カードローンの審査の時は収入証明書等を提出するといいかもしれません。

 

保険証の種類だけ審査はしてないため、国民健康保険でも審査に通ることはあります。

 

派遣社員の問題は在籍確認?派遣元?派遣先?

 

在籍確認

消費者金融の申込画面を見ると派遣社員の場合は、派遣元を入力するようになっています。銀行カードローンも何件確認しましたが、特に指定はありませんでした。

 

消費者金融にならって銀行カードローンも派遣元を申告すれば問題ありません。

 

派遣先に在籍確認を行うと、@個人宛の連絡は対応して貰えないA派遣社員だから名前を把握していないB派遣先が変わっていて辞めたことになっているといった問題が起こります。

 

ただ派遣元に在籍確認を行っても、個人情報については教えられないといった理由から在籍が取れないことがあります。

 

そうなると審査に通らず、借りることができないということになりかねません。

 

派遣社員におすすめは消費者金融はSMBCモビット

 

上記のように派遣社員は在籍確認で苦労することがあります。そんな派遣社員におすすめのカードローンがモビットです。

 

モビットのweb完結申込をすると、申込~契約の間に電話連絡がありません。カードレスで取引もできるため郵送物もなしにできます。

 

「さすがに在籍確認の電話はあるでしょう」と思うかもしれませんが、電話連絡はありません。代わりに給与明細書2ヶ月分+社会(組合)保険証が必須です。

 

また三井住友銀行または三菱UFJ銀行またはゆうちょ銀行の預金口座(本人名義)が必要になります。

 

SMBCモビットの詳細はこちら⇒