消費者金融キャネットは札幌以外にもある?

kynaetto

 

今回紹介するのは北海道にある消費者金融キャネットです。ただキャネットという社名の消費者金融は京都と鹿児島にあります。

 

登録番号や社長名は違っているため、別会社になるため申し込みする時は注意下さい。

 

どのキャネットも貸金業登録された正規の業者であり、闇金の類ではないため安心して利用できます。

 

札幌キャネットの公式サイトはこちら⇒

 

キャネットの商品内容は?金利は高い?低い?

 

限度額 初めての利用:5万円~50万円
取引実績がある:300万円まで
金利 実質年率15.0%~20.0%
申込できる人 満20歳以上の安定した収入があり返済能力がある人
収入証明書 審査によって必要となります
来店 不要

 

キャネットは新規契約の場合は上限50万円までしか借りれませんが、取引実績を積めば50万円以上(上限300万円)まで借りることができます。

 

金利は15.0%~20.0%になっており、法定金利ぎりぎりと高いと言えるでしょう。実際適用される金利は法定上限金利となるでしょう。

 

また20歳以上で安定した収入と返済能力があれば申し込みできます。北海道にしか店舗はありませんが、ネットを使って全国から申し込みできます。

 

収入証明書は審査次第となっていますが、キャネットから50万円またはキャネットを含めた借入総額が100万円超の時は、必ず必要です。そのため、キャネットに申し込みするなら、用意しておいた方がいいでしょう。

 

融資のために来店する必要はなく、契約書は自宅郵送されます。郵送物がまずい人は、来店もしくは申し込みをやめましょう。

 

借入額 法定上限金利
10万円未満 20.0%
10万円以上100万円未満 18.0%
100万円以上 15.0%

 

キャネットの返済額と返済方法は?

借入残高 最低返済額
10万円以下 3千円
20万円以下 6千円
30万円以下 9千円
40万円以下 1万2千円
50万円以下 1万5千円
以降10万円増 3千円増

 

返済額は借入残高によって変わり、残高10万円増えるごとに3千円増えていきます。

 

大変わかりやすい返済額となっており、最低返済額は3千円からと無理なく返済できる金額です。

 

返済方法は店頭窓口(9:30~18:00)もしくは銀行振込(手数料は利用者負担)となっており、カード発行がないためATMや口座振替は対応していません。

 

返済日は都合の良い日を選択することができ、10日前から返済を受け付けています。それより早く入金してしまうと繰上返済とみなされ、返済日が更新されません。間違えて入金した時は、支店へ電話して相談しましょう。

 

そして早く返済するために、何か臨時収入があった時に繰上返済するか、毎月の返済額を多めに入金しましょう。

 

最低返済額だけを支払っていると残高はなかなか減っていかず、たくさんの利息を払わなければいけません。一括返済したい時は、支店へ連絡して完済金額を確認しましょう。

 

キャネットのキャッシング方法は振込融資のみ?

 

キャネットのキャッシング方法は店頭窓口(9:30~18:00)もしくは指定口座への振込(手数料負担なし)となります。カード発行なしのため、返済と同じく、カードを使ってATMから借りれません。

 

新規の時は、契約書と必要書類を返送した後に、口座振り込みとなるため、早くても1週間程度かかります。新規契約の時は、来店した方が早くキャッシングできます。

 

通常の振込キャッシングは、キャネット営業日午後5時までに申し込みで最短翌営日に振込となります。基本的に振込融資は時間がかかるようです。

 

キャネットの審査は厳しい?甘い?

 

キャネットの審査は大手消費者金融や他銀行カードローンと比較すると通りやすでしょう。。

 

金利が低いと審査は厳しくなります。金利が低ければ利息も少なくなるため、確実に返済しれそうな良顧客にしか貸さないようになります。

 

一般的にカードローン審査は安定した収入が必要となるため、キャネットも無職やニートでは利用することはできません。専業主婦(夫)は配偶者の同意があれば借りれる可能性があります。

 

信用情報(返済状況、借入状況等)を確認して、返済が遅れていたり、異動情報(ブラックな情報)があれば審査には通りにくいです。自己破産や債務整理、特定調停、長期延滞(3ヶ月以上)等が異動情報となり、5年~10年は信用情報では記録されます。

 

中小消費者金融のキャネットは異動情報があっても、自己破産や債務整理・特定調停を完済していれば、審査に通れる可能性があります。

 

キャネットは総量規制の対象なので借入額が年収の3分の1を超えて借りることはできません。キャネットに申し込む時点で、既に借入はあると思うので申込金額には注意して下さい。

カードローン審査落ちのポイント

  • 申込者に安定した収入がない
  • 信用情報がブラック
  • 年収が少ない